言い訳をせず、まず素直に謝ろう

メンタルトレーナー&目標達成ナビゲーターの
株式会社サンリの西田一見です。




皆さんは言い訳をしてしまう事はありませんか?

仕事でミスをしてしまった時、スポーツでミスをしてしまった時、
勉強でテストが悪かった時、様々な場面で自分が悪かったことを誰かに
責められると素直になれずについ言い訳をしてしまったという経験が
誰にもあると思います。

しかし、言い訳は自分の過ちを正当化しようと
相手に自分の言い分を押し付けてしまうだけで、
聞かされている相手にとってはあまり良い印象はもてないものです。

例えば、友達と会う約束をしていて、約束時間に遅れたときに、
「おい、遅いぞ」と言われて言い訳をせずにすぐに謝れるでしょうか。

意外と言い訳をしてしまうことはありませんか。

「電車が遅れた」とか「渋滞に巻き込まれた」とか理由は様々ですが
こういう理由もやはり言い訳になってしまうものです。

もちろん理由を説明する事は大切ですが、
それよりもまず先に素直に謝ってしまい、
その後から必要に応じて遅れた理由を説明すればいいのです。

相手の様子を見て判断し、
最初に謝ったことで相手が十分理解してくれたとわかれば、
言い訳がましく「だって、電車が込んでいて乗れなくて」とか
「だって、いつもの道が渋滞して」と理由を説明する必要もないからです。

仕事の場面でも同じです。
例えば、上司が部下に頼んだ書類が時間通りに仕上がってこなかったら
「おい、書類はまだか」と注意をされるでしょう。

それを「だって、他の重要な仕事が入っていたから」とか
「だって、パソコンの調子が悪かったから」と先に謝らずに相手に
言い訳をしてしまうのは最悪です。

仕事の場面ですから遅れた理由まで説明するのは当然ですが、
まずは素直に自分の誤りを認め、謝ることです。

その謝り方もただ「すみません」ではなく、
「すみません、次からは遅れないように余裕を持って行います」
と自分の意思表示もしておく必要があります。

そしてそのあとに遅れた理由を説明すれば良いのです。

自分に誤りがあるのですから、
先に言い訳や理由を説明するのではなくまずは素直に謝りましょう。

そうすることで相手があなたに持つ印象も変わります。

私の経験からすると、
言い訳の始まりの言葉は決まって「だって」とか「でも」という
言葉をつかうことが多いものです。(特に「だって」が多い気がします)

だから、いつも自分の心に『「だって」は言い訳』『「でも」は言い訳』
ということを刻んでおくことが必要だと思います。

もちろん理由を説明する事も必要です。

ただ、先に理由を説明すると言い訳がましくなりますので、
まずは素直に謝ってそのあとに理由を説明するようにしましょう。

最初に「だって」と発した瞬間にそれは言い訳の始まりになるからです。


最後までご覧いただきありがとうございました。

↓このブログを気にいってくれたら
↓一日一回クリックして下さい

人気ブログランキング⇒



人の悪口は絶対に言うな!

メンタルトレーナー&目標達成ナビゲーターの
株式会社サンリの西田一見です。


▼西田文郎のW最新刊をどうぞ▼
ツキを呼び込む 究極の成功思考 ツキの最強法則―1日5分、7日で幸運がやってくる!

あなたは人の悪口を言っていませんか?
もしも人の悪口を言っていたらあなたは自分が言った悪口の
何倍も人から嫌われている可能性があります。

もしも自分が悪口を言われていたらどうでしょうか。

例えば知人があなたの悪口を言っているのを目にしたら
あなたは嫌な思いをするかもしれないでしょう。

ただ、その悪口を話しているのを直接見たのなら
その場で言い返すことも出来ますが、
もしもそのあなたへの悪口が直接ではなく人づてに、
間接的に聞かされたとしたらどうでしょうか。

きっと悪口を言っているところを直接目にするよりも、
ショックを受けたり、腹が立ったりするのではないでしょうか。

この理由は、悪口を言っている人を直接目にしたときは、
まだその悪口は広まっていませんが、
悪口を人づてに聞いたときにはすでに自分の悪口を広められているという
事実を受け入れなければならなくなるからです。

もしもあなたが人の悪口を言っていたらどうでしょうか。

悪口を言っても、それが本人の目の前ならまだ良いですが、
あなたが言った悪口が他の人によって広められていたらどうでしょう。

それほど深い意味はなくてもあなたが悪口を言っていたという事実が
人を介してどんどん広がって行き、悪口を言われた人ではなく、
逆に悪口を言ったあなたが人のことを悪く言う人間だという
『悪口屋』のレッテルを張られてしまいます。

結果的にあなたは悪口を言った人の何倍も人から
悪口を言われる立場の人間になってしまうのです。

ですから、どんな悪口でも絶対に言ってはいけないのです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

最新の人気ブログがわかります⇒


世界マスターズへ挑戦

メンタルトレーナー&目標達成ナビゲーターの
株式会社サンリの西田一見です。


一般スイマーから世界マスターズへ出場!

五年前にメンタルトレーニングを某スイミングで行いました。


その時の子供たちは静岡大学教育学部附属島田中学校(実は私の母校)で
この中学には水泳部はなく、同好会として大会に参加していました。
そして、全国大会への出場を見事決めたのです。

その時に、子供たちにまじって一人の一般スイマーが
どうしても話を聞きたいと参加されました。

それが原川さんでした。

私のメンタルの話を聞いて、「これだ!」と感じたそうです。
その後、個人指導を頼まれ、メンタル面の指導を受け、今に至ります。

先日、2007年の世界ランキングが発表され、彼女は

短水路(25mプール)
50m平泳ぎ 第3位!
100m平泳ぎ 第2位!

長水路(50mプール)
50m平泳ぎ 第3位!
100m平泳ぎ 第4位!

という結果を残し、今回、四月に念願の
世界マスターズへの挑戦をすることになりました。

昨日の地元のテレビ番組
静岡第一テレビの「○ごとワイド」と言う番組で、
18:16〜「リアルタイム静岡」という中で
世界マスターズにむけて〜 という内容で彼女の
特集が7分間放送されました。

自分が水泳に携わっていくことの恩返しをしたい!
だからチャレンジしていく!
頑張れるんだ!
そう話していました。

もちろん目指すは世界一位!

思う存分楽しんでもらいたいものです。




最後までご覧いただきありがとうございました。

↓このブログを気にいってくれたら
↓一日一回クリックして下さい

人気ブログランキング⇒


短期目標に負けない

メンタルトレーナー&目標達成ナビゲーターの
株式会社サンリの西田一見です。

あなたは短期目標を持っているでしょうか?

例えば、お金でいえば、五ヶ月で50万円貯めるとか、
筋トレを本格的に始めた男性なら半年で胸囲を今より
10センチ大きくするというような半年とか五ヶ月と
いうな数ヶ月先の目標、いわゆる目先の目標が短期目標です。

どの分野でも夢や願望を獲得するために
必要なものとは何かといえば目標を掲げることです。

なぜなら自分が目指す物がなければ私たちの一生涯という
限られた時間の多くを無駄に費やしてしまうからです。

もちろんそれぞれに目標というものがあると思います。

それが十年先までの目標であったり、
三年先までの目標であったりと、
それはその人それぞれだと思います。

最近、夢実現や目標達成などのことがかかれている
書籍も多くなってきましたので夢を持ちましょうとか
大きな願望を描きましょうということは、
いまさら言うまでもないと思います。

もちろん私が講演や講習で指導するときにはそういった
長期的な目標の重要性を教え、本格的な目標設定方法を指導します。

しかし、実際に夢、願望を掴み取る為にはそれと平行して
徹底して結果を追求していかなければ成らないことがあるのです。

それが短期目標です。

実際に自分の能力を向上させ、取り組んでいる事柄に対して
能力を発揮されていく方というのはご自身の夢実現のために、
半年、三ヶ月、二ヶ月、一ヶ月というような目先の目標である
短期目標を必ずクリアしていきます。

成功していくためには理想ばかりを言っているのではなく、
競争原則の世の中で実際に現実に打ち勝っていかなければなりません。

そうでなければ、夢など全てが奇麗ごとで終わってしまうからです。

自分の夢や願望、目標を達成していく人は、
大きな理想を追い求めるのは当然ですが、
理想を追い求めているからこそ、自分の決めた短期目標を
絶対にクリアするという気持ちでチャレンジしています。

そして、短期目標がクリア出来なければ自分自身が許せないというく
らい徹底して短期目標を達成していくことに力を入れます。

「短期目標さえもクリアできないのなら自分の夢など実現できない」
というくらいの強いプライドがあるのです。

だからいつも自分の決めた短期目標と勝負して、
クリア出来たら勝負に勝ったと考え、クリアできなかったときには
勝負に負けたというような強烈な感覚を無意識に持っているのです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

↓このブログを気にいってくれたら
↓一日一回クリックして下さい

人気ブログランキング⇒



元気の源を取り入れる

メンタルトレーナー&目標達成ナビゲーターの
株式会社サンリの西田一見です。

私がブレイン(脳)トレーニングの講習でスポーツ選手の
メンタル面を指導するときに『気』の指導をすることがあります。

なぜならスポーツ選手は相手と自分との
『気』対『気』の戦いでありこの『気』の状態によって
勝敗が決まるといっても過言ではないからです。

『気』といわれても一般的には馴染みの薄いものかもしれませんが、
『元気』『勇気』『病気』というような『気』が関係している言葉か
らみても『気』が私たちの行動のエネルギーとなるようなものである
ということが分かります。

企業経営者にしても研究者にしてもスポーツ選手にしてもそうですが
信念や目標を持って何かを成し遂げていく人たちというのは
今の環境が良かろうが悪かろうが関係なく、
目標に向かって一直線に突き進むエネルギーがあります。

彼らは驚くほどバイタリティーにあふれており、元気なのです。

なぜこれほどまでに元気なのかというと彼らはいつも
元気の源を体中に取り入れているため、
気が充実しているから元気なのです。

彼らの元気の源は外から受けている『気』が関係しているのです。

この外から受ける『気』のことを『外気(がいき)』といいます。

例えば、天気が良くて気持ちがいいと感じた経験があると思いますが
これは大気、天気という自然界の外気の影響を受けています。

また、仕事で怒られればあまりいい気分はしないと思いますが、
これは自分以外の他人から受ける外気の影響です。

目標に向かって一直線に突き進むエネルギーに
満ちあふれている人はこの外から受ける『外気』という
刺激を自分にとってプラスに受け止めることが上手なのです。

そのためいつも外から元気の源を補給することが出来るのです。

元気の源が自分の中ではなく外にたくさんあるのですから
気力が充実していつもエネルギッシュに頑張れるというわけなのです。

しかし、外気は良いものばかりではありません。

人から怒られたり、悪口を言われるなんてことがあれば
普通ならマイナスに反応してしまいます。

逆に元気がなくなったなんてことでは意味がありません。

だから外気をプラスに受け止めて元気の源を
たくさん補給するために下の四つを心がけてもらいます。

・人のいうこと(外気)を素直に聞く
・現在の環境(外気)に感謝する
・プレッシャー(外気)を楽しく感じる
・周囲の応援(外気)に感謝する

スポーツ、ビジネス、受験等、分野に限らず、
この四つのことを心がけていると自然と外気を
プラスに取り入れることが出来るようになってくるのです。

人間は考える動物ですから、何かあるたびに悩んだり否定的になり、
マイナス思考になってしまうものです。それが人間なのです。

しかし、外気をプラスに受け止めていれば、
本来はマイナス思考である私たちもいつも
元気でプラス思考で強くいられるようになるのです。


最後までご覧いただきありがとうございました。

↓このブログを気にいってくれたら
↓一日一回クリックして下さい

人気ブログランキング⇒


心の疲れは栄養と休息

メンタルトレーナー&目標達成ナビゲーターの
株式会社サンリの西田一見です。

私たちが嫌だなと感じたことは全てストレスになってしまいます。

集団生活をしていると嫌だな、疲れたな、
休みたいなと思う時が誰にでもあります。

そういう時は心の疲れがたまっているときです。

私たちが心の疲れをとるには栄養と休息の二つが重要になります。

まず栄養ですが、ストレスを受けることで消耗するのが
たんぱく質とビタミンCです。

胃腸の調子が悪くなったりするのは胃の粘膜が栄養
不足でやられ気味だからという理由があります。

また女性はストレスで肌がカサカサになってしまったという
経験をしたことがあるのではないでしょうか。

どちらにしてもストレスで栄養の消耗が激しくなって栄養が
不足してしまうということが原因になっています。

今、ストレスを感じている人はバランスの良いしっかりとした
食事をして栄養を補うようにしましょう。

ストレスで胃潰瘍にでもなったら大変です。

そしてもう一つが休息です。

休息とは会社や学校を休んでしまうということではありません。

もちろん休めるのであれば休んでも良いのですが、
そんなに頻繁に休める人はいないでしょう。

それでは休息とは何かというと、それは睡眠、寝ることです。
睡眠は身体の疲れだけでなく心の疲れもとっているからです。

以前、中学校の全校講演の時に脳の集中力には睡眠と栄養が関係して
いるという内容の講演をしたことがあるのですが、
その時の内容とあわせて簡単に説明します。

まず、睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠の大きく二種類があります。
ノンレム睡眠(熟睡している時)、レム睡眠(夢を見ている時)です。

レム睡眠の時は夢を見ていますから脳は動いています。

この時は身体を休ませようとしています。
身体の休息の時です。

逆にノンレム睡眠の時は熟睡していますから
脳が休もうとしています。

脳の休息の時です。

つまり、寝ることでノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返し、
心と身体のストレスを緩和してくれるのです。

ストレスを感じていたら意識して睡眠時間を
とってみるようにして下さい。

ストレスを受けている人に限って寝る時間が不規則になったり
睡眠時間が少なかったりしますので注意しましょう。

私たちの一番の幸せとは心と身体が健康であることです。

大金持ちになっても心が貧乏でイライラした人間では
寂しい人生を送ることになりますし、
いくら仕事を一生懸命に頑張ってもストレスだ
らけで健康を害してしまっては意味がありません。

心と身体が豊かであるからこそ夢・目標にチャレンジし、
頑張れるのです。

心が疲れていると感じたら、ストレスと上手に付き合うために
も栄養と休息のメンテナンスをしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

↓このブログを気にいってくれたら
↓一日一回クリックして下さい

人気ブログランキング⇒



リラクゼーションをしよう

メンタルトレーナー&目標達成ナビゲーターの
株式会社サンリの西田一見です。

仕事で疲れて帰ってきたら家で
心を落ち着かせる時間を作ってみてください。

すごく気持ちが楽になります。

弊社の能力開発プログラムを導入された事のある方なら
知っている方も多いでしょうが、
私が講習や講演でリラクゼーションの指導をする時に
CDを使ってリラクゼーションをさせることがあります。

スポーツ選手なんかは気持ちが良くなって
人目をはばからずにいびきをかいて寝てしまう選手もいるのですが、
それほどまで自分で身体の力を抜くコントロールできれば
イライラ解消、ストレス消去、リラックスなど簡単に出来てしまいます。

上手に出来ない人はこの専用のCDを使ってリラックスを
訓練するのですが、もちろん専用のCDがなくても、
慣れてくれば誰でも簡単にその場で心を落ち着かせて
リラックス状態を作ることが出来ます。

実際にリラクゼーションをして気づいたことなのですが、
私の場合は自分の身体がなくなったような感覚にとらわれます。

深いリラックス状態を作り、目だけ開けると頭から足のつま先までが
自分の身体ではなく自分とは別のもののような感じがします。

まるで自分がマネキン人形の中に入っているかのような不思議な感覚です。

もちろんマネキン人形の中にいるような不思議な感覚は
私だけのもつ感覚で、人それぞれこの深いリラックス状態の
感じというのは違うのだと思いますが、
心と身体が楽になるという点は同じなのです。

私たちが日常、仕事や勉強や趣味など物事に取り組んでいる時という
のは無意識に肉体的にも精神的にもストレスが掛かっています。

実際にリラクゼーションと同時にストレッチをさせると
ストレッチをした後には手や足の長さが数センチも
伸びてしまう方がおります。

手足が数センチも短くなっているほど筋肉にストレスが
掛かっていても、無意識に掛かっているストレスですから
本人はなかなか気がつくことが出来ないのです。

肉体的にも精神的にも無意識に掛かっているストレスですから、
これをそのままにしておけば確実にストレスの山として
積み上げられていくことは間違いありません。

無意識に掛かっているのですから気づくほどになった時には
もう手遅れなんてことになりかねないのです。

そうならないためにも1日の終わりには必ず目を閉じ
深く呼吸をして身体の力を抜くようにしましょう。

リラクゼーションを心がけて脳波とホルモンを最適な状態に
自己コントロールして心と身体のストレスを消去してあげましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

↓このブログを気にいってくれたら
↓一日一回クリックして下さい

人気ブログランキング⇒



自分のためでなく人のために

メンタルトレーナー&目標達成ナビゲーターの
株式会社サンリの西田一見です。

自分のためでなく人のためにというと、
無償の愛とか奉仕の心のことを言っているように
思う人もいるかもしれませんが、
そういう意味で言っているわけではありません。

有償とか無償とか報酬が関係している事柄についてではなく、
自分が力を発揮するための一つの方法として
『自分のためでなく人のために』ということを言っているのです。

あなたが夢や目標を持ってチャレンジしているのであれば
その事柄にチャレンジしている過程でどうにもならなくなって、
苦しくなったりくじけそうになることがあります。

しかし、そういった否定的な感情が発生した時に
ダメになってしまうのか、立ち直ることが出来るのかは、
あなたが自分自身のためではなく、
誰かのために頑張っているかどうかが重要なカギを握っています。

あなたが自分のためではなく大切な人のために頑張っていれば
否定的な感情が発生してもすぐに立ち直り、
再び目標に向かってチャレンジすることが出来るでしょう。

しかし、自分のためだけに頑張っている人は苦しくなると
自分の能力を信じられなくなり、
否定的な感情に飲み込まれてしまうのです。

これは分野に限った事ではなく、仕事、スポーツ、勉強等
どの分野でも同じことが言えます。

仕事で苦しく、辛くても家族のために頑張っている人は
苦しさをバネにすることが出来ますが、
自分のためだけに頑張っていると、やがて限界を感じてしまいます。

守るべきものがあれば強いというのも納得出来ます。

スポーツで日本代表になるようなトップアスリートが
なぜあんなにも頑張れるのかといえば、
それは自分が有名になるためだけにやっているのではなく、
お世話になった恩師のため、応援してくれるファンのため、
期待してくれる国民のために頑張るからこそ強いのです。

勉強でも同じです。
もともと勉強が楽しいという人は少ないでしょうから、
勉強で行き詰ったり、嫌になれば誰でも止めたくなってしまいます。

しかし、親を喜ばすために、最愛の人が喜ぶ顔を
思い描きながら勉強している人とそうでない人とでは
勉強に対する頑張りも変わってくることは言うまでもないでしょう。

自分だけのためにやっていると強がっている人間には
苦しくなったり辛くなった時に限界を感じます。

なぜなら自分のためだけに頑張っている人の脳は
否定的なことがあればストレスだらけになってしまうからです。

しかし、自分のためでなく人のために頑張っている人の脳は
否定的なことがあってもストレスがストレスではなくなり、
逆にそれをバネにして頑張ることが出来ます。

苦しい時、辛い時でも自分を信じることが出来るようになるのです。

『自分のためでなく人のために』という思いが
脳へのストレス軽減し強い心で現実に立ち向かっていく
ことが出来るのです。

あなたが今もし、取り組んでいる事柄で苦しさや
辛さや能力の限界を感じているのならそれは
自分のためだけにやっていると感じているのかもしれません。

自分のためでなく人のためにやっていると感じれば
苦しさや辛さや能力の限界などなくなるのです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

↓このブログを気にいってくれたら
↓一日一回クリックして下さい

人気ブログランキング⇒



無責任な人間になるな!愛を育てよ!

メンタルトレーナー&目標達成ナビゲーターの
株式会社サンリの西田一見です。

あなたの周りに無責任な人はいませんか?
私は無責任な人を見ても腹を立てることはないのですが、
その代わり無責任な人を見ると、
この人はかわいそうだなと思ってしまいます。

仕事で部長に昇進すれば社内を統括する人間として重大な責任ができ、
またスポーツでもチームのキャプテンや県の代表、
全日本のメンバーとして選出されれば、
選ばれた人間としての責任があります。

また、結婚すれば最愛の人を守るという責任が生まれるでしょうし、
夫婦に赤ちゃんが出来れば元気に育てる責任が生まれるでしょう。

責任感は『自分の果たさなければならない役割を果たそうとする感情』
の強さなのですが、会社、学校、チーム等、私たちが組織に帰属し、
その中で上に立つ人間として選ばれれば誰でもリーダーとしての責任
が発生します。

しかし、責任のある立場になっても責任感がもの凄く強い人もいれば
それほど強くない人がいますが、この責任感の差は何だと思いますか。

誰でもリーダーや代表ともなれば責任のある立場にある以上、
果たすべく役割が課せられます。

しかしこれは与えられた責任であり、
自分から果たそうという感情、つまり責任感ではありません。

責任感とは進んで責任を果たそうとする自発的な感情で、
この感情の強さとなるものは何かといえばそれは『愛』なのです。

会社や学校やスポーツチームで責任感のない人間が多いと感じるのなら、
社員、生徒、選手に厳しく指導しても、無理やり取り組ませても、
リーダーに責任を押し付けても、それは本質的にその組織の責任感が
向上するものではありません。

なぜなら、帰属している組織への『愛』の強さが責任感となるのです。

企業なら社員は会社を愛すること。
学校なら生徒は学校を愛すること。
チームなら選手はチームを愛すること。

愛する家族の命が危なくなった時に親なら誰でも自分の命を顧みずに
助け出そうと必死になるのは、家族への愛の強さが大きく、
家族の命を守るという強い責任感が発生しているからなのです。

無責任な人間になってはいけません!
無責任な人は何をやっても無責任になります。

また何に対しても愛を持てなくなるのです。

愛する気持ちを持ってください。
組織への愛、家族への愛、様々な愛を育ててください。
あなたの愛の強さが責任感の強さとなるのです。

『無責任な人間になるな!愛を育てよ!』です。


最後までご覧いただきありがとうございました。

↓このブログを気にいってくれたら
↓一日一回クリックして下さい

人気ブログランキング⇒



「ねばならない」の言葉を消そう

メンタルトレーナー&目標達成ナビゲーターの
株式会社サンリの西田一見です。

どんな事柄でも自分で進んで取り組むのと人にやらされて取り組むの
では同じやるにしてもその意味が全く違ってきます。

弊社のトレーニングで講演や講習を受けたり、
能力開発のプログラムを取り入れると自然と身につくことなのですが、
まだまだ一般の方々は自分から取り組むというよりも、
物事を人にやらされているという感覚を無意識に
感じてしまっているようです。

私が、講演や講習で指導することで、
スポーツでもビジネスでも受験の指導でも同じなのですが、
「〜すべきである」とか「〜しなければ」
という考えを止めさせるようにしています。

なぜならこのような考え方は周りの人にどう思われるかとか、
他人と比較して自分はこうあるべきであるというように
環境や周囲から受ける影響が大きいからです。

そのため、ほとんどの人が自分から進んで
ではなく義務的に作業をしているのです。

考えても見て下さい。

監督に言われて仕方なくトレーニングするスポーツ選手。
上司に怒られて仕事だから仕方なく働いている社会人。
先生に宿題を出されて仕方なくテスト勉強している受験生。

これを見ても分かるように義務的に行う取り組みで、
能力などつくはずがありません。

実はこの義務的な行動のことを私たちは「ねばならない思考」
といっているのですが、こんな考え方ではいつまでたっても
能力など向上するはずもなく、
夢の実現や目標の達成などできるはずがありません。

また「ねばならない思考」は無意識に嫌だという
マイナス思考が同時に発生し、
強いフラストレーション(欲求不満)となっています。

能力が向上できないだけでなく、
このフラストレーションをどこかで発散しなければ、
それをどんどん溜め込んで強い心理的なストレスとなってしまいます。

こういったストレスは知らず知らずのうちに私たちの心に傷をつけて
心の病を導いてしまうことがありますので注意が必要です。

そうならないためにも「ねばならない思考」を消す必要があります。

この「ねばならない思考」は自分の考えではなく周囲や他人から受け
る影響によって発生していることが多いものです。

つまりあなた自身の考えではなく
外からの影響が強いというわけです。

しかし、成功していく人間は外からの影響を受けることが
ほとんどありません。

なぜなら成功していく人間はいつも自分が目指す目標へと進んでおり、
それがたとえ与えられたことであっても、
取り組む時は自分から進んでチャレンジしています。

成功していく人間は周囲や他人との比較ではなく、
自分が目指す目標との比較をいつもしている人間だからです。

もしもあなたが「ねばならない思考」になってしまったのなら、
それは、周囲や他人から受けているということです。

またそれは義務感で物事に取り組んでしまうあなたに
原因があるのであって周囲や他人の責任ではありません。

ただあなたが目標を見失って自分からチャレンジする
気持ちを忘れているからです。

どんなに嫌なことでも苦しいことでも、
どうせやるなら「ねばならない思考」を捨てて自分から
進んでやるようにしましょう。

そしてもう一度、
自分が進むべき夢や目標を思い描きなおしましょう。

「ねばならない」の言葉を消すのです。



最後までご覧いただきありがとうございました。

↓このブログを気にいってくれたら一日一回クリックして下さい
人気ブログランキング⇒


↓ダイエットで成功したい方のみお進み下さい↓

▼ナント一日で体重が減る裏ワザ!▼


▼公式サイト目次

▼西田一見の著書・監修書

▼オーディオブック

▼メールマガジン

▼ブログサイト内検索

▼カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

▼最新の記事

▼内容別に読む

▼月別バックナンバー

▼コメント新着

  • SATV静岡朝日テレビ「とびっきりしずおか」
    ちひろ
  • ライザップ社員教育
    萌音
  • SBTプレミアムスクール大阪校【第二期】スタート
    安藤 明子
  • 静岡県PTA連絡協議会『西田一見特別講演会』
    西田一見
  • 静岡県PTA連絡協議会『西田一見特別講演会』
    安田武央
  • 『初心』を思い出す
    株の初心者
  • 脳だま勉強法の画像紹介
    きゅー
  • いやでも人生が好転する!ウラ目の法則ピンチを成功に変える?テク
    西田一見
  • SBTプレミアムスクール東京校【第一期】卒業
    西田一見
  • SBTプレミアムスクール東京校【第一期】卒業
    キャンディ(ポンプ)

▼トラックバック新着

▼リンク集

▼プロフィール

▼ツイッター

▼お友達リンク集

僕と交流のある皆さん! リンクの掲載はご連絡くださいネ

▼RSS

▼携帯で読む(QRコード)

qrcode

▼管理者用サイト

Total:

powered